前へ
次へ

納得できる査定金額になった骨董品買取

父は骨董品の収集が趣味で壺や掛け軸、茶わんなどをよく購入していました。子供の自分は興味がなかったのですが、困ったのは父の遺品整理を行っていた時です。このまま保管を続けるのか、それとも買取に出すかで悩みました。骨董品が好きなら保管を続けるのは選択肢の1つとして最適でしょうが、はっきり言って興味はなかったです。そのため、保管を続けることに疑問を抱いていました。それならお金に換えてしまった方が貯蓄に回したり、家族で外食をしたりなどする方が有意義なお金の使い方になると考え、骨董品買取を試すことにしました。骨董品買取のサービスを利用するのは初めてだったこともあり、なかなか依頼先を決められなかったです。自宅の近くにリサイクルショップがあったので、すぐに済ませるなら査定を依頼すべきでしょう。しかし、できるだけ相場並やそれ以上の金額で手放したかったので、慎重に選びました。最終的には出張の骨董品買取を利用し、予想以上の金額になったので満足しています。

Page Top